早めの対策をする

イタチ駆除で注意すべき点

イタチ駆除をする上では、注意すべき点や気を付けることがあります。イタチにはさまざまな特徴があります。その例として、床下や天井裏に住み着き、繁殖するというものがあります。なので、発見したら早めにイタチ駆除をすることが大切です。そして、3cmほどの隙間を抜けることができます。なので、住宅に隙間があるのを見つけたらすぐに隙間をふさぐなどの対処をすることがイタチ駆除のコツです。そしてもうひとつ注意すべき点は、イタチは非常に凶暴で、非常に素早いです。イタチはほかの動物が冬の間雪の下で掘った地下トンネルや抜け道など狭い場所へ獲物を追い込み、その首の後ろに素早く噛み付いて捕食するなどの凶暴な一面もあります。それに、自宅のペットがイタチに襲われたという被害も報告されています。なのでやはり、見つけたらすぐにイタチ駆除をするとよいです。

イタチを駆除る上で知っておくと便利な豆知識

イタチ駆除をする上で知っておくと便利な豆知識がいくつかあります。まず一つ目に、イタチは夜間や暗い天井裏、急に強い光を当てるとイタチは発見されたと感じて逃げ出してしまいます。なので、専用の忌避装置のほか、クリスマス用のイルミネーションなどの強い光を放つものでも逃げ出します。もうひとつは、忌避剤はとてもイタチ駆除に有効です。忌避剤を屋外に設置する場合、入ってほしくない場所に設置すると非常に効果的です。そして、液状タイプなどではなく、固形タイプの忌避剤を使用するとなお効果的にイタチ駆除ができます。そして忌避剤を使用するときにスプレータイプは風でにおいが拡散し、効果が非常に薄れてしまうので、注意が必要です。