一般的な方法

イタチ駆除で行われていること

イタチは細長い身体に細長い身体を持つ小型の肉食獣で、多くの種類が存在しています。昔は単にイタチと言うとニホンイタチの事を指す場合がほとんどでしたが、現在では外来種であるチョウセンイタチが生息域を広げてきており、この種の事を指す場合もあります。イタチが与える被害は屋根裏に侵入して騒音を立てたり糞尿で悪臭被害を与える、ゴミを漁る、ペットを食べてしまう等があります。イタチ駆除には罠を仕掛けたり煙を焚いたりする方法が良く使われています。煙を焚く方法は室内でしか効果がありませんが、イタチは嗅覚が鋭いので高い効果を発揮します。また、酢や蚊取り線香などで代用することも可能で、強い光を用いても追い払うことが出来ます。イタチは小さいですが凶暴なので、イタチ駆除を行うときは決して油断しないようにしましょう。

イタチを駆除する際に重要なこと

イタチ駆除には捕獲か追い払うかの2つの方法があり、一般的にはカゴを使った捕獲が行われています。捕獲には主に捕獲用のカゴが使われており、イタチが住み着いている場所付近に餌をつけて仕掛けることで高い効果を発揮します。ただし、イタチは警戒心が強いので出来るだけ黒くて光を反射しないものを使用し、目立たないように設置する必要があります。また、罠が不安定でぐらつくような置き方をしていても警戒するのでそこにも注意する必要があります。ただし、鳥獣保護法があるので罠を使った捕獲は行う前に役所で許可を貰う必要があります。追い払う場合には主に忌避剤や煙を使いイタチの嗅覚を刺激する方法が使われます。屋内に使用するのは勿論ですが、家の外の侵入してきそうな辺りにも液状の物を使用して再度の侵入を防ぐことも大切です。イタチ駆除を行いイタチが居なくなった後にも再び侵入する可能性があるため対策はしばらく続ける必要があります。イタチの餌になるようなものは出来るだけ置いておかないようにし、小さな穴までしっかりと塞ぐようにしましょう。